Surface Proをデスクトップ化したら快適すぎた!

Surface ProはタブレットPCとして申し分のないスペックを持ち、Suface Proの純正キーボードのSurface Pro タイプカバーを装着すればノートPCとしても扱えるすごいマシンです。

ひょんなことから、このSurface Proを家で使う時はデスクトップのように扱いたいなと思い始めました。
やっぱり、大きなスクリーンで作業するほうが確実に作業効率もあがることでしょう。

Surface Proをデスクトップとして扱う

ということで、思い立ったら即行動したい僕は、このSurface Proをデスクトップ化するのに必要な機器を買い漁りました(笑

どのような機器を購入し、どのようにSurface Proをデスクトップ化したのかを紹介したいと思います。





Surface Proデスクトップ化に必要な機器

Surface Proをデスクトップ化するには以下の機器が必要になります。

ドッキングステーション

Wavlink USB 3.0ユニバーサル ドッキング ステーション

Surface Proは外部端子がMini DisplayPort、USB 3.0、microSDXC カード リーダーが1つずつしかありません。
また、Surface ProにはHDMIポートもありません。

ドッキングステーションは、Surface Proのような外部端子の少ないタブレットPC、ノートPCの外部端子を拡張することができます。
そのため、Surface Proをデスクトップ化するには欠かせないアイテムです。

多くのドッキングステーションには、4つ以上のUSBポートが付属しているため、1つしかないSurface ProのUSBポートをどのように使用するべきかを悩む必要がなくなります。

ドッキングステーションには、HDMIポート、DVIポートの両方がサポートされていることが多いため、ディスプレイ出力を同時に2台拡張することができます。
また、LANポート、オーディオ出力端子、マイク入力端子がついているものも多いです。

そんなドッキングステーションをSurface Proに接続することで、各外部端子を拡張することができるため、デスクトップPCのような使い方が実現できるのです。


SurfaceProをドッキングステーションに接続する場合、USB 3.0ポートからドッキングステーションに接続することになります。
そのため、購入するドッキングステーションがUSB 3.0で接続できることを確認してから購入してください。

ドッキングステーションの中にはUSB Type-Cで接続するものも存在するので注意です。
また、ドッキングステーションには電源供給が必要になる点にも注意してください。
ドッキングステーションは買ったけど、コンセントに余りがなくて使えないということにならないように(笑


僕が使用しているドッキングステーションは、『Wavlink USB 3.0ユニバーサル ドッキング ステーション』です。

このドッキングステーションには、USB 3.0ポート x 2、USB 2.0 x 4、HDMIポート x 1、DVIポート x 1、LANポート x 1、オーディオ出力、マイク入力が付属しています。
重さは見た目の割にめちゃくちゃ軽いです。

Surface Proに接続すると自動でドライバがインストールされ、しばらくするとドッキングステーションが認識されます。
認識された後は、Surface Proの一部としてドッキングステーションにある全てのポートが認識され、USB機器、外部ディスプレイを接続することができるようになります。



また、Surface Proには純正のドッキングステーション『Surface ドック』もあり、USB 3.0ではなく、充電ケーブル接続ポートからSurface ドックに接続することができます。


外部ディスプレイ

Surface Proをデスクトップ化するのに最も重要なアイテムです。
これがないとSurface Proをデスクトップ化したとは言えませんね(笑

僕が購入したのはacer製の21.5インチの外部ディスプレイです。

acer 外部ディスプレイ 21.5インチ

このディスプレイは約1万円で買えるため、大変リーズナブルです。
発色もよく、期待通りの映像を映し出してくれる一品です。
どのモニターにするか迷っているのならこのディスプレイがおすすめです。

このディスプレイにはスピーカー、ヘッドホン端子もついています。
ですが、スピーカーの音質はそこまでよくないです。
そのため、いい音で聞きたい場合、外部スピーカーを接続するか、Surface Pro本体から音を出力するのをおすすめします。

また4Kディスプレイを購入した場合、4K対応のドッキングステーションを購入する必要があるので注意してください。


HDMIケーブル

HDMIケーブルは、iVANKY社のケーブルを使用しています。

HDMIケーブル

iVANKY社のケーブルはとても頑丈で、見た目も落ち着きがあり、高級感があるデザインとなっています。
どんな環境にも溶け込むようなデザインなので、おすすめです。

値段も800円前後のため、安いです。


キーボード

キーボードはエレコム社のワイヤレスキーボード(TK-FDM086TBK)を使用しています。
特に特徴のないキーボードですが、特徴がないからこそ無難で扱いやすいキーボードです。

Elecome ワイアレス キーボード

ワイヤレスキーボードでは珍しい、テンキーだけがないキーボードです。
タイピングの感覚もよく、値段の割に満足のいく品です。本当におすすめです。

このキーボードを使用してブログやプログラムを書いていますが、Surface Proのタイプカバーよりもキー数が多い分、作業がはかどります。

Bluetooth対応ではないので、USBタイプのレシーバーをUSBポートに差し込む必要があります。
レシーバーを差し込めば、すぐに使えますので、そこまで面倒ではないです。
当然、専用のドライバをインストールする必要もないので楽ちんです。

本体の電源は単4電池1本で約1年使用できます。
電池が切れかけた時、右上にある電池残量ランプが点灯するみたいです。


マウス

マウスは奮発してSurface Arc Mouseを使っています。
せっかくSurface Proを使っているんだし、どうせならマウスも合わせようということで購入に至りました。
また、おしゃれな見た目に惹かれたのも購入した理由です。

Surface Arc Mouse

慣れるまでは使いにくいと感じることもありましたが、慣れてくると手放せなくなる一品です。

このSuraface Arc Mouseは、三本指で同時クリックした時の動作として、ブラウザ内で前のページに戻るなどの動作を登録することができます。
この機能は非常に便利で、普通のマウスを使った時、三本指クリックしたくなるほどです。

値段は高いですが、おすすめのマウスです。


ノートパソコンスタンド(オプション)

もしSurface Pro本体のディスプレイを使用しない場合、ノートパソコンスタンドがあると便利です。

僕はスマホやタブレットの充電ステーションの空いた場所にSurface Proを置いています。



充電ステーションを必要としていない方は、以下のようなノートパソコンスタンドがあれば十分だと思います。

もちろん、Surface ProをSurfacePro タイプカバーで閉じなければ、本体のディスプレイと外付けのディスプレイとでデュアルディスプレイにすることもできます。

外付けHDD(おまけ)

Surface Proをデスクトップ化する上で、なくても問題ないものですが、容量に困った時のバックアップ先として外付けHDDを用意しておくといいかもしれません。

特にSurface Proは、安いモデルだと容量が低いため、外付けHDDがあれば大きなサイズのファイルを外付けHDDに退避することができるので便利です。
予算に余裕がある場合、購入を検討するのもいい手だと思います。

僕が使用している外付けHDDはWESTERNDIGITAL社製の『Elements Portable 1TB』です。
安い外付けHDDですが、今のところ特に不具合は出ていません。



デスクトップ化の手順

必要な機器を紹介したところで、Surface Proをデスクトップ化する手順を紹介していきたいと思います。

ドッキングステーションに接続する

Surface Proの場合、USBケーブルを使用してドッキングステーションと接続します。
ドッキングステーションに接続してしばらくするとドッキングステーションがマシンに認識されます。

ディスプレイを接続する

ドッキングステーションが認識されたら外部ディスプレイを接続しましょう!
ドッキングステーションを介して外部ディスプレイが正常に認識されることを確認しましょう!

メインディスプレイの設定をする

ドッキングステーションから初めて外部ディスプレイに接続した時、メインディスプレイはSurface Proになっています。
このままでは扱いにくいため、外部ディスプレイをメインディスプレイに設定します。
外部ディスプレイをメインディスプレイに設定することで、本格的にSurface Proをデスクトップマシンのように扱えるようになります。

設定方法

スタートメニューからるWindowsボタンをクリックします。
設定ボタンをクリックし、Windowsの設定を開きます。

設定画面を開く

「システム」をクリックし、システムの設定画面に移動します。

システム設定を開く

左のペインで「ディスプレイ」をクリックし、ディスプレイの設定画面に移動します。

ディスプレイ設定画面

Surface Proをドッキングステーションに接続した直後はディスプレイ1がSurface Proのディスプレイになっています。
2のボタン(ディスプレイ2)をクリックします。

この時、ディスプレイ2は外部ディスプレイのことを指します。
そのままページの下部まで移動しましょう。
移動すると、「複数のディスプレイ」という項目があるので、「これをメインディスプレイにする」にチェックを入れます。

メインディスプレイの設定

これで外部ディスプレイがメインディスプレイになります。
タスクバーが外部ディスプレイの下部に表示されれば、外部ディスプレイをメインディスプレイにすることに成功です。



Surface Pro タイプカバーを閉じた時にスリープモードにしない設定をする

Surface Proのディスプレイを使用しない場合、ノートパソコンスタンドに縦置きにすると省スペースですみます。
Surface Pro タイプカバーを装着している場合、カバーを閉じた時にスリープモードにならないように設定する必要があります。

設定方法

スタートメニューからWindowsボタンをクリックします。
設定ボタンをクリックし、Windowsの設定を開きます。

設定画面を開く

「システム」をクリックし、システムの設定画面に移動します。

システム設定を開く

左のペインで「電源とスリープ」をクリックし、電源とスリープの設定画面に移動します。
ページ内の「関連設定」にある「電源の追加設定」をクリックします。

電源の追加設定を開く

クリックするとコントロールパネルの「電源オプション」が開きます。
「カバーを閉じたときの動作の選択」をクリックします。

カバーを閉じたときの動作の選択を開く

「電源とスリープボタンおよびカバーの設定」→「カバーを閉じたときの動作」→「電源に接続」の項目を「何もしない」にします。

カバーを閉じたときの動作の設定

こうすることにより、Surface Proのカバーを閉じてもスリープ状態にならず、縦置きしたままマシンを操作することができるようになります。

使い心地

デスクトップ化して思ったのは、「思っている以上に快適に作業ができる」です。
ドッキングステーションを介していますが、特に外部ディスプレイに遅延などはありません。
USBポートなどが拡張され、まさにデスクトップという感じになります。
本当に普通のデスクトップと同じような感覚で扱うことができます。

家ではデスクトップとして扱え、外ではノートパソコンとして扱え、最高の環境になりました。
ぜひ皆さんもSurface Proをデスクトップ化してみましょう!

まとめ

必要な機器を集めるのにお金がかかりますが、揃えてしまえば家で快適に作業を効率よく進めることができるようになります。
Surface Proをデスクトップとして扱いたいならぜひやることをおすすめします。

よいデスクトップライフを!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です