翻訳家の卵がシャーロック・ホームズを翻訳してみた『ライゲートでの難問』その10

「そういうことです」微笑みながら、ホームズは言った。「危険で無謀な試みだったのです。その無謀な行為には、アレクさんの影響力が大きかったように思われます。そしてカニンガムさん親子は何も見つけることができず、あるありふれた強盗が現れ、その輩が持ち帰ることができるもの全てを最後に奪い去ったと思わせることによって容疑をそらすことを試みた。これで申し分なく全てがはっきりしました。ですが、まだ明確になっていない極めて重要なものがありました。何よりも僕が求めたものは、欠落した手紙の残りを手に入れることでした。僕は、アレクさんがその手紙を被害者の手から破ったと確信していました。そして、それをガウンのポケットに突っ込んだに違いないとほぼ確信していました。他にどこに、アレク氏はその手紙を保存している可能性があったでしょうか? 唯一の問題は、まだポケットに手紙があるかどうかでした。それは、調べる努力をする価値がありました。そしてその手紙のために、僕たち全員はカニンガム邸へと向かいました。僕たち全員が覚えているとおり、勝手口の外で、カニンガムさん親子は僕たちと合流しました。もちろん、カニンガムさん親子がこの手紙の存在を思い出さないだろうことが最も重要なことでした。さもなければ、カニンガムさん親子は当然、あの手紙を真っ先に破棄していたでしょう。フォレスター警部は、まさにカニンガムさん親子に、世界中で最も幸運な機会によって僕たちがその手紙を差し押さえられそう、という重要なことを話すところでした。それは、ある一種の発作で僕が倒れた時のことです。ですがその結果、会話の流れは変わりましたがね」




「君ってやつは!」笑いながら、大佐は叫んだ。「君はこう言うつもりかね? 私たちが感じた君への心配の気持ちは無駄であり、君の突然の発作は嘘だったと」
「専門家の私から言わせてもらっても見事なものだった!」抜け目なく、いつもいつも新しい驚きともにずっと私を困惑させ続けるこの男に目をむきながら私は叫んだ。
「しばしば役に立つ技術だよ」ホームズは言った。「僕が回復した時、恐らくちょっとした功績をもたらすだろう巧妙な計画を計ったのを覚えているかい。そして僕はどうにかカニンガムさんにtwelveという単語を書いてもらうことに成功したんだ。その結果、カニンガムさんが書いたtwelveと手紙に書かれていたtwelveを僕が見比べることもあるかもしれないね」
「まさか! なんて私は馬鹿だったんだ!」私は興奮して叫んだ。
「僕の欠点に対して君がひどく同情していたことが手に取るようにわかったよ」笑いながら、ホームズは言った。「君の心を痛めさせる結果になってしまって申し訳なく思ったよ。僕は知っているよ、君が感じたことを。それで、僕たちは一緒に上の階へ行った。部屋に入ったところで、僕はドアの後ろにかけられているガウンを発見した。僕は、テーブルをひっくり返すことによって、どうにか一瞬みんなの注意を引くことに成功した。そして、ガウンのポケットを探るためにこっそりとあの部屋へ戻ったのさ。だけど、僕にはその紙を満足に探す時間はなかった。僕が予想した通り、実際にそうなったしね。カニンガムさん親子が僕にのしかかっている時、本当に僕は、彼らのうちの一人に殺されると強く感じたよ。だがすぐに、ワトソン、君の迅速で思いやりのある行動が僕を救った。ところが実際、僕は今でも感じているんだ。若い男の手によって喉を閉められる感覚、そして、その父が僕の手の中から必死に手紙を取り上げようと僕の手首をひねり続けたことをね。カニンガムさん親子は、僕が全てを知っているに違いないとわかっていた。いいかい、絶対的な安全圏から完全なる絶望への突然の変化は、限りなく人を絶望的にさせるんだよ。あの後、事件の動機について、僕はカニンガムさんとちょっと話をしてきたんだ。カニンガム氏は本当に落ち着いていたよ。だけどね、彼の息子は完全に変貌していた。もしアレクさんが銃を持つことができていたなら、アレクさん自身、もしくはその他の人の脳を吹き飛ばす勢いだった。この事件が、カニンガムさんが考えている以上にとてつもない影響力を及ぼすものだったということがわかった時、カニンガムさんは首をうなだらせ、何もかもを打ち明けてくれたよ。カニンガムさん親子があの夜に、アクトン邸へ不法侵入をした時、ウイリアムさんは密かに雇い主である二人の跡をつけたらしい。その結果、ウイリアムさんはカニンガムさん親子を思いのままにする権利を獲得した。その後、公にするぞという脅迫のもと、ゆすりを開始した。しかし、アレクさんはその手のゲームを楽しむ危険な男だった。この田舎町を動揺させる強盗の恐怖を利用し、アレクさんをおとしいれんとする男をもっともらしく排除する機会を導き出したことは、アレクさんの一部にある、一種の有望かつ天才的なひらめきだった。間もなくウイリアムさんは呼び出され、撃ち殺された。カニンガムさん親子は手紙を取り上げ、容疑が決してかからないよう、あり得そうな脚色を加えて更に注意を払った」
「それで、その手紙は?」私は尋ねた。
シャーロック・ホームズは、残りの紙と合わせて私たちの前に置いた。

手紙
©1893 Free Public Domain Books from the Classic Literature Libraryより引用

  If you will only come round at quarter to twelve
  to the east gate you will learn what
  will very much surprise you and maybe [sic]
  be of the greatest service to you and also
  to Annie Morrison. But say nothing to anyone
  upon the matter.

  11時45分にもしおまえが東門に1人でやってくるのなら
  おまえは
  想像以上の喜びが訪れるだろうこと
  これまでに見たことのない功労を得るかもしれないこと
  を理解するだろう
  そしてアニーモリソンにも
  だがこのことについて誰にも喋ってはいけない




「内容はほぼ予想したとおりのものだったよ」ホームズは言った。「もちろん僕たちは、アレク・カニンガムさん、ウイリアム・キルヴァンさん、アニー・モリソンさんがどのような関係にあったのかを未だに知らない。だけど、その罠が巧みに仕掛けられていたことは、この結末によって示されている。そして僕は確信しているよ。この手紙に書かれた、pの書き方とgの跳ね方にあるわずかな類似性に君が嫌でも気づくことを。カニンガムさんの筆跡ではiの点が欠落していることもまた、とても特徴的だね。ワトソン、この田舎町での平穏な休息は、間違いなく成功を収めたと僕は思っているよ。さて、心身ともにさわやかになったところで、明日、ベイカーストリートに戻るとしようか」
【前へ】
【あとがきへ】




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です