iTunes アフィリエイトの審査に落ちてしまう人は必見! Appleの審査について調べてみた

ほとんどのアフィリエイトには審査があります。
中には厳しい審査があり、落ちてしまうこともあります。

Appleのアフィリエイト、iTunes アフィリエイトでも審査に落ちてしまったという報告をちらほら見かけます。
Appleは大規模な企業ですし、審査が厳しい部類のアフィリエイトに入るのかもしれません。

公式ページを元に、Appleの審査基準とアフィリエイトの申請についてまとめてみました。
この記事が少しでもiTunes アフィリエイトに落ちてしまう人への助力になれば幸いです。




参考にしたページは以下になります。
Affiliate Application


なぜ申請に通らないのか

公式ページを読みますと、審査に落ちてしまう理由は大きく分けて以下の2つになります。
・申請ページにAppleが審査に求めているものを記載できていない
・Appleのポリシーに反するコンテンツが含まれている

この2つを見直し、申請に通る確率を上げていきましょう。

申請ページにAppleが審査に求めているものを記載できていない

Appleは以下の場合、申請を拒否しているようです。

ウェブサイト、ブログ、App Storeのアプリのリンクを申請時に記載していない

申請ページにウェブサイト、ブログ、App Storeのアプリのリンクを記載する箇所があります。
そこに何も記載していない場合、申請に落ちてしまうみたいです。

作成途中のウェブサイトのURLを記載している

当然ですが、どんなアフィリエイトの申請にも、作成途中のウェブサイトを申請に記載することはよくありません。
全く記事を投稿していないブログを申請に出すのも同じことになるでしょう。
最低でも1つ以上の記事を投稿したブログで申請しましょう。

審査対象をアプリにした場合、App Storeのアプリのリンク、または会社のウェブサイトにアプリのリンクが記載されていない

申請ページのリンクを記載する箇所に対象のアプリのリンクを間違いなく記載するようにしましょう。
審査に落ちてしまう原因になってしまいます。

Appleのポリシーに反するコンテンツが含まれている

以下に記載することは申請に通らないサイト(アプリ)の特徴とも言えます。

以下のものに限定されるわけではないようですが、以下に記載することに当てはまっている場合、確実に審査に落ちると考えた方がいいと思います。

Appleや第三者の商標の権利を侵害している

当たり前のことですが、著作権なども含め、気をつけなければならない事柄です。
僕は既にこのアフィリエイトの申請には通っていますが、申請に関係なく、自分の書く記事がこれらを侵害しないよう心がけています。

性的な素材を含んでいる

公式ページには「露骨な性的な素材」と記載されていましたが、少しでも自分がそう感じるものは排除するほうがよさそうです。

Google AdSenseを含め、大規模な企業のアフィリエイトはこの事柄に関してかなり厳しく取り締まっているように思います。

色々なトラブルを避けるためにも排除すべきです。

嫌悪、不快にさせるようなコンテンツ、暴力的なコンテンツを含んでいる

自分が記事を読んでいて気分を害するようなものは排除しましょう。

どこまでが該当するのかの切り分けは難しいですが、他人がこれを読んだら気分を害するだろうなと少しでも思うなら記載しないほうがいいです。

差別を助長している

2chのまとめ記事を投稿している方は気をつけた方がよさそうです。
また、ゲームなどのアプリで知らず知らずのうちに、ストーリーの展開でこの事柄に該当してしまっているなどもあるかもしれないです。

今一度見直してみましょう。



違法な活動を助長している、法律を破っている

どちらも普通にしていれば該当しないとは思いますが、怪しいと思ったのなら見直しが必要です。

Appleのウェブサイトやストアから文章や画像を転載している

どこまでがこれに該当するのか難しい事柄ですね。
画像の転載は避けた方がよいでしょうね。
そして文章も引用の範囲を超えた記載は避けた方がよいです。

利用者にオンラインプライバシーポリシーを明言していない

このアフィリエイトはクッキー(Cookie)を使用しています。
このクッキーはアフィリエイトの報酬の判断に使用されるのですが、その旨を記載した文章をどこかに明言しておく必要があるということだと思います。

僕はオンラインプライバシーポリシーを明言していない状態で審査に受かってしまいましたが、その他のアフィリエイトでも必要になると思いますので、そのうちブログ内のどこかに記載しようと思っています。

あなたのドメイン名にAppleの商標が含まれている

ドメイン名とはあなたのサイトやブログのアドレスのある部分を指します。
このブログのアドレスで言うと、

https://eigoninaritai.com/←このブログのトップページのアドレスです

「eigoninaritai.com」がドメイン名に該当します。

例えばドメイン名が、
apple.jp
iphone.com
macdaisuki.me
などだと、恐らく審査に落ちます。
最後の「macdaisuki.me」はAppleの裁量によりますが、該当しそうなドメイン名は避けた方がいいです。

ちなみに「test.eigoninaritai.com」の場合、ドメイン名は同じく「eigoninaritai.com」になります。
「test.eigoninaritai.com」はサブドメインと呼ばれるものに該当します。

ですが、「iphone.eigoninaritai.com」というサブドメインでサイトを運営している場合、恐らく審査に落ちると思われます。

他の不適切な要素が含まれている

何が不適切だと思われるかはApple独自の裁量になる、と公式ページに記載されています。

なので、これに関しては常識を守ったコンテンツを提供してください、としか言いようがないですね。

利用者が気持ちよく楽しめるコンテンツを提供するように、僕自身も心がけたいですね。

審査に落ちてしまったら再申請はできるのか?

できます。
審査に落ちた場合、審査対象を適切なものにした後で再申請できます。
上記の全てを見直した上で再申請してみましょう。

それでも審査に落ちてしまう

上記を見直し、それでも落ちてしまう場合、最終手段が僕たちには残されています。

Appleは以下のように述べています。

あなたが出した申請が誤って不合格にされていると思う場合、あなたの名前もしくは会社名、アカウントユーザー名、メールアドレス、申請をした日をアフィリエイトサポートチームに伝えてください。

サポートチームに、運営しているコンテンツに問題がないことを伝えることができます。
ですが、恐らく英文で伝える必要があります。

ここまですることにならなければいいですが、最終手段があるということだけは覚えておいて損はないと思います。

iTunes アフィリエイトの参加資格について

審査に落ちてしまう方やこれから申請する方は気になる点かもしれません。
果たして僕たちが運営するウェブサイトやアプリはこのアフィリエイトに参加する資格はあるのか?

Appleは以下のように述べています。
当社はこのアフィリエイトプログラムに様々なサイトやアプリを受け入れています。

恐らくですが、このアフィリエイトを上手く運用してくれる可能性がある運営者をなるべく大らかに受け入れているように思われます。

なので、審査に落ちてしまう人やこれから申請する人は気を落とさず、このアフィリエイトをどのように運営していけばいいのかにも焦点を当てて考えると申請に通る道も見えてくるかと思います。

しかし、以下のようにもAppleは述べています。
当社の利用規約に応じないサイトを拒否するための権利を留保しています。
何が不適切とみなされるかはAppleの裁量になります。

アフィリエイトパートナーになった後は、利用規約も熟知した上で運営していくことが必要になります。

現行の利用規約に関しては、ここを参照またはダウンロードしてください。
※英文のため、後にこのページの内容をまとめた記事を作成しようと思っています。

公式ページにあったいくつかの質問

以下に公式ページに記載されていたQ&Aを記載します。

参加するためにどのような費用がかかりますか?

費用は一切かからないです。
アフィリエイトパートナーになるのは無料です。

初めてアフィリエイトを始める方はとても気になる点かもしれませんね。
無料ですので安心してください。

アプリの運営者はアフィリエイトパートナーになるのに自動承認されているのですか?

アプリの運営者もウェブサイトと同じ審査がされるようです。

なぜこのような質問がされたのかはわかりませんが、アプリを申請対象にして審査に落ちたという報告が少ないのかもしれませんね。

アフィリエイトプログラムのPH利用規約の変更や交渉はできますか?

できない、というのがAppleの返答です。
個々のアフィリエイトに対して特別な契約や利用規約の改定を一切していないようです。

ちなみにPH利用規約のPHの意味がよくわかりませんでした。
知っている方いましたら教えていただけると嬉しいです。

最後に

このように、iTunes アフィリエイトを含めた各アフィリエイトには審査があります。

各アフィリエイトそれぞれにポリシーがあり、こんな風に運用をしてほしいという考えがあります。
なので、ポリシーやその考えにそぐわないブログやアプリが、アフィリエイトを提供している会社の信用を落としてしまう可能性を極力避けたいと思うのは当然のことで、各アフィリエイトに審査がある理由でもあります。

僕たちは各アフィリエイトのことをよく理解し、申請時にだけでなく、審査に合格した後にも、そう思わせない対応が求められています。


この記事を読んで、審査に落ちる事柄を把握したと思います。
それでも審査に受からない場合は、あなたのサイトやアプリ内でのアフィリエイトの運用がAppleに伝わっていない可能性があります。

上記でも述べた通り、iTunes アフィリエイトをより理解することも解決の道の1つかもしれません。
以下の記事にiTunes アフィリエイトの概要をまとめていますので、その参考にしてください。

iTunes アフィリエイトとは何か、そして申請から使い方の流れを公式ページで調べてまとめてみた





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です