翻訳家の卵がシャーロック・ホームズを翻訳してみた『ライゲートでの難問』その1

 それは、私の友、ミスター・シャーロック・ホームズがある過労から回復する前のある時期のことだった。1887年の春、彼は骨が折れるほどの多大なる努力の末、健康に支障をきたしていた。その事件、オランダ・スマトラ社とモーペルテュイ男爵の驚くべき陰謀は、つい最近起きた事件として大衆の心に残って新しい。そして、政界と財政にあまりにも密接に関係しており、私の一連の手記にふさわしい対象になっている。しかしながら、その奇妙で複雑な事件は、私の友が生涯を通し、犯罪に対して立ち向かっていくという、価値のある鮮やかなる武器を群衆に知らしめる機会を間接的にもたらしたのだった。




 ノートを見るとすぐ、私は4月14日にフランスのリオンから電報を受けていたことを思い出した。その内容は、ホームズが『ホテル・デュロン』にて病気で寝込んでいると私に知らせるものだった。二十四時間以内に私は彼の病室にいた。そして私は、彼に手の負えないような症状がないことを確認し安心したのをよく覚えている。しかし、彼の強靭な精神力を持ってさえ、ニヶ月以上続いた過酷な捜査の疲労で倒れてしまった。彼が一日に十五時間より少なく働くことはなく、ぶっ通しで彼の作業を五日間続けるということを私に確信させる期間は一度ではなかった。そんな彼の苦心の末の成功でさえ、猛烈な尽力の後の反動から彼を救うことはできなかった。そしてヨーロッパ中が彼の名をたたえ、彼の部屋が文字通り祝賀の電報で足首深くまで達した時、彼がその反動からくる虚脱感の犠牲者であることに私は気づいた。彼が三ヶ国もの警察が失敗したこの事件の解決に成功し、ヨーロッパで最もずる賢い詐欺師をしのぐ知識があったことさえも、神経質とも言える彼の無気力感から彼を奮い立たせるのには不十分だった。
 三日後、私たちはベイカーストリートに戻っていた。私の友が快方に向かっているだろうことは明らかだった。春の田舎町で一週間過ごすという私の提案もその一因である。その提案は私にとっても魅力的に思えた。昔、アフガニスタンで私が専門的な治療を施し知り合った旧友、へイター大佐は今、サリー州にあるライゲートの近くに屋敷を構えている。たびたび大佐は家に来ないかと誘ってきていた。最後に私たちが会った時、もし私の友が来るのなら、喜んで歓迎をするだろうと大佐は述べていた。ちょっとした駆け引きは必要だったが、大佐が独り身で、誰にも縛られない自由がホームズに許されるだろうことを理解した時、ホームズは私の案に同意した。リオンからの帰還から一週間後、私たちは大佐の屋敷に訪れていた。へイター大佐は、世界中を見て回ってきたすばらしい老軍人である。そして、私が予想していたとおり、大佐はホームズとの共通点が多いことにすぐ気づいた。



 到着した夜、私たちは夕食後に大佐の銃器室に訪れていた。へイター大佐と私がちょっとした西洋武器のコレクションを眺めている間、ホームズはソファでくつろいでいた。
「ところで」突然、大佐は言った。「私は警鐘が鳴った時に備えて、銃の一つを寝室に持って上がろうと思うね」
「警鐘ですって?」私は言った。
「ああ、最近この辺りで事件があってね。先週の月曜、この町の有力者アクトン氏の屋敷に何者かが侵入したのだよ。損害はあまりなかったがね。輩はまだ逃走中だよ」
「手がかりとかはないんですか?」大佐を見上げながらホームズは尋ねた。
「今のところはないね。だが、事件は深刻なものではない。こんな小さな田舎町での犯罪だ。関心を持つにはあまりにも小さい出来事だと君は思うに違いない、ホームズ君。あの国際的大事件の後では特にね」
 ホームズはその賛辞に手を振って応えた。しかし、彼の笑顔は満足気だった。「何か気になったりする点はありますか?」
「逆に何もない点が気になっている。その強盗は書斎を荒らしまわった末、考えられないくらい小さな成果だけをあげて立ち去っている。書斎全体は全てという全てがひっくり返され、引き出しは全て開け放されていた。そして強盗は足跡をそこら中に残し、詩人ポープの詩書、メッキが施されたニつの燭台、アイボリー色のペーパーウエイト、小さなオーク製の気圧計、そして毛糸、以上を盗んで消えた」
「なんて奇妙な組み合わせの盗品なんだ!」私は叫んだ。
「なるほど、恐らくその輩は持ち去ることができる何もかもを奪った」ホームズはソファで独り言のように呟いた。「地方警察はこのことについて理解しなければならない」ホームズは言った。「なぜかって? 間違いなく明らかじゃないか。だって――」
 ホームズへの警告を示すために指を上げ、私は言った。「おいおい、君は休養のためにここにいるんだ。親愛なる友よ。頼むから、君の神経がずたぼろにすり減っているこの時に、新しい問題に取り組み始めないでくれ」
ホームズは喜劇的な諦めの一瞥を大佐に送り、肩をすくめた。私たちの談話は、危険な道筋から逸れ、別の話題に移り変わった。
 しかし、私の専門的な警告の全てが無駄になるだろうことは運命づけられていたのだった。次の日の朝、その問題はそれ自身が意志を持ち、私たちがそれを無視することを不可能だと言わんばかりに、私たちの前に忽然と姿を現した。この地方への訪問は、果たして、私たちどちらもが予想できない方向に転換し始めた。大佐の使用人が彼の持つ全ての礼儀を振り落として駆け込んできた時、私たちは朝食中だった。
【次へ】




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です