翻訳家の卵がシャーロック・ホームズを翻訳してみた『ライゲートでの難問』その3

「我々は、アクトン邸での事件の手がかりを持っていません。ですが、我々は十分に捜査を続ける必要があります。各事件において、同じ強盗だということに疑いはありません。そして、犯人は目撃されています」
「これはこれは」
“翻訳家の卵がシャーロック・ホームズを翻訳してみた『ライゲートでの難問』その3” の続きを読む

翻訳家の卵がシャーロック・ホームズを翻訳してみた『ライゲートでの難問』その2

「旦那様、お聞きになりましたか!」使用人は息を切らした。「カニンガム邸ででございます! 旦那様!」
「強盗かね!」大佐はコーヒーカップを宙に浮かせたまま叫んだ。
「殺人でございます!」
意思とは関係ないように、大佐から自然と息が漏れた。「ああ、なんてことだ!」大佐は言った。「誰なのだ? それで誰が殺されたんだね? 治安判事かね、それとも判事の息子かね?」
「どちらでもございません、旦那様。御者のウイリアムでございます。胸を撃ち抜かれ、もうあの方が話されることありません、旦那様」
“翻訳家の卵がシャーロック・ホームズを翻訳してみた『ライゲートでの難問』その2” の続きを読む

翻訳家の卵がシャーロック・ホームズを翻訳してみた『ライゲートでの難問』その1

 それは、私の友、ミスター・シャーロック・ホームズがある過労から回復する前のある時期のことだった。1887年の春、彼は骨が折れるほどの多大なる努力の末、健康に支障をきたしていた。その事件、オランダ・スマトラ社とモーペルテュイ男爵の驚くべき陰謀は、つい最近起きた事件として大衆の心に残って新しい。そして、政界と財政にあまりにも密接に関係しており、私の一連の手記にふさわしい対象になっている。しかしながら、その奇妙で複雑な事件は、私の友が生涯を通し、犯罪に対して立ち向かっていくという、価値のある鮮やかなる武器を群衆に知らしめる機会を間接的にもたらしたのだった。
“翻訳家の卵がシャーロック・ホームズを翻訳してみた『ライゲートでの難問』その1” の続きを読む

iPhone、iPadでおすすめの英語辞書(英和・和英)『ウィズダム英和・和英辞典 2』の使い方

英文を読んでいて、読めない単語や文の流れが出てきた場合、日本人の僕たちは辞書を使って英単語の意味を調べなくてはなりません。

ですが、その英和・和英の辞書は、辞書によって使いやすさが異なったりします。
ネットで気軽に見れる無料の辞書や値段の張る有料の辞書など様々なものがありますよね。

そんな中、有料で約3000円と値段が張る辞書ですが、iPhone、iPad用のおすすめの辞書があります。
『ウィズダム英和・和英辞典 2』というiPhone、iPad用の辞書アプリです。

この辞書アプリをレビューとともに使い方を紹介したいと思います。
“iPhone、iPadでおすすめの英語辞書(英和・和英)『ウィズダム英和・和英辞典 2』の使い方” の続きを読む