翻訳家の卵がシャーロック・ホームズを翻訳してみた『ライゲートでの難問』その1

 それは、私の友、ミスター・シャーロック・ホームズがある過労から回復する前のある時期のことだった。1887年の春、彼は骨が折れるほどの多大なる努力の末、健康に支障をきたしていた。その事件、オランダ・スマトラ社とモーペルテュイ男爵の驚くべき陰謀は、つい最近起きた事件として大衆の心に残って新しい。そして、政界と財政にあまりにも密接に関係しており、私の一連の手記にふさわしい対象になっている。しかしながら、その奇妙で複雑な事件は、私の友が生涯を通し、犯罪に対して立ち向かっていくという、価値のある鮮やかなる武器を群衆に知らしめる機会を間接的にもたらしたのだった。
“翻訳家の卵がシャーロック・ホームズを翻訳してみた『ライゲートでの難問』その1” の続きを読む